理解できない風俗嬢の行動

受けの妙技。そこが彼女の強みです

この前遊んだEちゃんという風俗嬢はとにかく「受けの美学」というか、こちらの攻撃を全身全霊で受け止めてくれました(笑)だからいろいろと楽しかったのも事実です。というのも、自分は風俗ではどちらかと言えば相手の攻撃を受けたい派なんですよ。攻撃したいって気持ちはそんなに強くはないんです。快感を得たいからこそ風俗で遊ぶのであって、相手を気持ち良くさせても…みたいな気持ちがありました。でもそうじゃないんだなって。相手を攻めるのも、それはそれで男心にいろいろなものをもたらしてくれるんだなってことに気付かされたんですよね。自分のアクションによって相手の風俗嬢が感じている。それだけでも男としていろいろな気持ちが満たされるってことに気付いたんですよ(笑)でもそれは彼女相手だからと言うのもありますよね。彼女の受けっぷりの良さあってこそだと思いますので、これから女の子を攻めたい気持ちになったら彼女を指名したいなって。

やはり自分でも分かってきたのかなと

ようやく自分でも自分のペースというか、自分の風俗へのニーズが鮮明になってきたかなって思います。これはやっぱり経験によって分かってくることなのかもしれないですね。新鮮さを抜けると、自分でも腰を据えてどうやって楽しもうかなって気持ちになるじゃないですか。そこで考えるのはやっぱり相手もそうですけど自分のコンディションですね。あとはシチュエーション。風俗はいつ楽しんでも良いものじゃないですか。と言うことは、無理をする必要もないってことなんです。自分が楽しみたいなって思った時に無理をすることなく楽しめばそれでいいんです。そこに気付いたんですよ(笑)初歩的なことかもしれないんですけど、以前は風俗のホームページやインターネット上のコンテンツを見ていると自分の気持ちをよそに「遊びたい」「この子が良い」と前のめりになってしまうことも多かったんですけど、最近ではマイペースこそ重要なものだなってこと自分でも気付いてきたんです。